銀行カードローンは審査は厳しいがメリットがある

昔より厳しくなったカードローン審査

カードローン審査は、かつてよりもずっと厳しいものとなりました。
審査が厳しくなることは、借入できる人がそれなりに限定されるようになったということです。
しかしこれによって生まれたメリットもあります。
金利の改定が行われ、かつてより低い金利で融資が行われるようになりました。

では厳しいカードローン審査とはどのようなものでしょう。
一言で「厳しくなった」といっても、実際はカードローン会社によって厳しさには違いがあります。
ここからは厳しいカードローン審査の基準について説明していきます。
これを大まかに知っていることは、ローンを利用するときに役立つでしょう。

厳しい審査は信頼の証、銀行系カードローンも厳しい審査をするカードローンはやはり銀行系カードローンです。
銀行は普段からお金を預けておく「金庫」的存在でもありますから、その銀行の審査がゆるいのでは不安になります。
よって銀行の審査が厳しいのは当然であり、安心感の証明ということもできるでしょう。
カードローンで銀行名が記されている場合、ほぼ審査は厳しいと考えておくべきです。

銀行名を使用しながら、貸出業務は銀行以外の業者が行っているケースもあります。
しかしそのような場合でも、銀行名を使用している以上はそれ相応の審査基準を設定していると考えてよいでしょう。
銀行は審査が厳しい、と聞くと申し込みをためらう人もいるかもしれません。

審査にも時間がかかるので面倒と感じたり、気後れすることもあるでしょう。ただ銀行にも例外はあります。
インターネットオンリーのネットバンクは、銀行としては審査がゆるく早いケースがあります。
金利は他の銀行と比較して、大きな差はありません。
ネットバンクを利用しており、ネットバンクのローンに抵抗がないならば、これを選択肢に入れておくと便利です。

銀行系カードローンはメリットが豊富です。

低金利で信頼性も高くなっています。最初に持つカードローンを銀行にしておくことは、将来的にも安心感がありますし、利用して困ることもほぼないといえるでしょう。

審査の厳しさは長く利用するための試練

審査の厳しさは、マイナスに感じられるかもしれません。確かに頻繁にローンを利用する人にはデメリットでしょう。
しかし「これ」と決めたことだけにローンを利用する場合、審査の厳しさはそれほど面倒なものではありません。
銀行系カードローンは、そうした人のためのカードローンと言ってもよいでしょう。
急な出費に備えておくために銀行系カードローンは価値があります。特に最近ではアイフルといった消費者金融系のカードローンも無利息期間サービスを出すなど存在感をグッと高めてきています。
参考→アイフルを知りつくす!

余裕のある方は、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

意外と知られていないカードローンの限度額と金利の関係

カードローンはどうやって選んでるいますか?
カードローンはその手軽さから、今では多数の人々に利用されているサービスです。
急な出費に対応する事が出来るために、上手に使いこなすことが出来ればカードローンは本当に変利なサービスだと言えるでしょう。

カードローン事業は、消費者金融だけではなく多くの銀行でも行っているため、カードローンには多数の種類があります。
そんな数多くあるカードローンの中で選択の決め手となるのは一体どんな事でしょうか。
多くの人が、カードローンの審査基準や限度額、そして金利などに目を向けて選択をするはずです。
また、中でも特に金利は気になるところですね。
誰でも出来れば利息は低い方がいいに決まっていますから、金利を大きなポイントとして考える人も少なくありません。

金利は誰でも同じじゃないって本当?

では、同じ企業ならばカードローンの金利は誰でも同じだと思ってはいませんか?それが実は違うのです。
同じカードローンであっても限度額によって金利も変わってきてします。
カードローンの限度額が高い方が金利は低くなり、限度額が低ければ金利は逆に高くなるという仕組みになっているのです。
ですから人によって金利は一定ではありません。という事はは、限度額を高く設定すれば良いと考える人もいるでしょう。
しかしこの限度額というのは、自分だけで決められる訳ではなくないのです。
収入や勤続年数、また勤務先の規模や信用によって限度額は制限されるのです。
ですから金利を低くするためには、各社のカードローンを比較して選ぶのも良いですが、自分のスキルを磨くことや、真面目にこつこつと勤務することも大切となります。

どうして限度額が上がると金利は低くなるのでしょうか?
カードローンは限度額が高くなると金利が低くなる、これは一見すると矛盾しているように見えるかもしれませんが、聞けば納得の理由があります。
そもそもお金を貸すというカードローンでは、返済の際に上乗せされる金利というものが企業側の利益にとってとても大切な部分となります。
金利が低ければ、借りる側にとっては大変嬉しいことですが、それでは貸付け側としてはあまり利益が生まれません。
そのため限度額が低い相手から利益を産み出そうとすれば、どうしても金利を高くする必要が出てくるのです。

一方で限度額が高い場合は、それだけ沢山の借入れをしてくれるという可能性があるために金利が低くとも、企業にとっての利益を産み出すことが可能となるために低金利でも十分対応出来るのです。
カードローンは当然、慈善事業ではありませんから、この様に限度額の高低によって金利にも差が表れるのも当然の話といえます。

総量規制の対象外という銀行系カードローンのメリット

銀行系カードローンには様々な魅力やメリットがありますが、総量規制の対象外である点もその1つです。
2010年6月に改正貸金業法が完全施行され、それに伴って総量規制が導入されました。
それ以来消費者金融では、年収の3分の1を超える借り入れができなくなりました。
でも銀行系カードローンはこの総量規制の適用を受けません。

例えば専業主婦の場合は本人に収入がないので、消費者金融ではお金を借り入れすることはできません。
でも銀行系カードローンなら無収入の専業主婦でもカードローンを利用することができるのです。

また消費者金融では年収3分の1という規制があるので、高額の融資を受けるのは大変です。
消費者金融で300万円借り入れするには、計算上900万円以上の年収が必要です。
でも銀行系カードローンなら年収額に制限されることなく、銀行が独自の判断で限度額を決定できます。
事実、銀行系カードローンの最高限度額は1000万円程度にもなります。
総量規制という制度の面から見ても、銀行系カードローンがとてもメリットの大きい金融サービスだということがわかります。

これで納得!銀行系と消費者金融系のカードローンの違い

まずは知っておこう!銀行以外からの融資も可能

融資を考えるとき、まず思いつくのは銀行です。銀行に担保を差し出し、融資を受けることが一般的な方法でした。
しかし近年は無担保でローンを組めるようになり、銀行だけでなく消費者金融からも融資を受けることができるようになりました。
また最近ではさまざまな民間企業も「企業向けのローン」や「個人向けのローン」を提供するローン会社を立ちあげており、多くのローン会社が存在しています。
そこで、銀行系カードローンと消費者金融系カードローンのメリット&デメリットについてまとめてみました。

やっぱり安心の銀行系カードローン

消費者金融系カードローンと比べてもイメージが良く、安定感がある銀行系カードローン。
まだカードローンとしての歴史は短いのですが、CMで見かける機会も増え、世間における認知度も高くなっています。
そんな銀行系カードローンの絶対的なメリットは、消費者金融よりも低く設定された金利です。
また銀行系カードローンには、便利なサービスもついているというメリットもあります。
しかし、その一方で審査基準は厳しく、時間がかかってしまうというデメリットがあります。
低金利と便利なサービスという魅力を考えると、やはり時間をかけてでも銀行系のカードローンを利用する価値はあるでしょう。

急な融資には強い消費者金融系カードローン低金利で安心感がある銀行系カードローンに対し、一方的に不利に思える消費者金融系カードローンですが、それでも多くのローン会社が設立されています。
それには、やはり銀行とは違う一般企業ならではのメリットがあるからです。
まず消費者金融系カードローンの大きなメリットは、すばやい審査です。
これは圧倒的に銀行系カードローンに対して勝っている点で、急な融資が必要な利用者にとっては有難いカードローンなのです。
また消費者金融系カードローンは様々なキャンペーンを行っていることが多いため、条件によっては、銀行系カードローンよりもお得に借り入れができることもあります。
このように銀行系カードローンよりも高い金利というデメリットはありますが、利用者のニーズに応えたサービスを多く提供しているため、上手く利用することにより消費者金融系カードローンの方がメリットが大きくなるということがあるのです。

計画的にカードローンを組むためには銀行系カードローンと消費者金融系カードローンの違いはわかりましたか?
金利だけでみてみると、銀行系カードローンがお得で安定したサービスを受けることができるようにみえます。
しかし、キャンペーンを上手く利用することで、消費者金融系カードローンがお得に利用できることもあるのです。
まずは、いつまでにお金が必要なのか考え、また消費者金融にはお得なキャンペーンがないか調べ、計画的にカードローンを組んでみてはいかがでしょうか。

クレジットヒストリーを重視せよ

キャッシングの申し込みをしても審査になかなか通らないという人は、それまでのキャッシングの際に返済トラブルなどが起こしている人が少なくありません。
返済時にトラブルを起こしていると個人信用情報にその履歴が記載されてしまうことになり、そのことのよってキャッシングの審査に通りにくくなっている可能性が高いと言えます。

キャッシングの審査に通りやすくするためにはキャッシングの利用時にしっかりと返済をすることによって、優良なクレジットヒストリーを積み重ねていくことが必要です。
金融業者から融資をしても確実に返済をしてくれる可能性が高いとおもわれるような実績持っていることで審査に通りやすくなるのです。

一度や短期の返済遅延などではあまり大きな影響は与えないと考えられますが、それが何回も続いたりすれば、やはり個人としての信用は低下することになります。
後々の為にも普段からしっかりとしたクレジットヒストリーを築き上げていきましょう。

銀行系のキャッシングは便利で安心して利用できる

お金が必要な事情がありに銀行系のキャッシングを利用しましたが 手続きに時間がかかると思っていた予想とは裏腹に審査も 1時間少々で完了し、あっけなく手続きが完了したというのが感想です。
ほとんどクレジットカードを作った時の手続きとあまり変わらない感じでしたので 驚いてしまいました。
最近は銀行系キャッシングも消費者金融が保証会社として関わっていることによって 審査スピードも素早く、即日融資などサービス内容が消費者金融と近くなっているようです。

同じ利用するならやはり安心して利用できた方が良いので、他人に勧めるとしたら消費者金融よりも銀行系のキャッシングの方がおすすめです。
銀行によっては普段使っている預金口座のキャッシュカードにカードローンの機能をそのままつけることができる場合もあります。
その場合はお財布の中のカードが増えませんので快適に利用することができます。
キャッシングを利用 しようと検討している人は一度普段使っているメインバンク がカードローンのサービスをしていないか調べてみるのも良いのではないでしょうか。

30日間利息なしのキャッシングとは?

キャッシングしたいけど、利息はなるべく払いたくないというのは誰もが思うことですね。
それでも融資をする金融機関では、利用者から利息を取ることで営業利益を得ているため、利息なしでキャッシングできる金融機関なんて有り得ないと思うかも知れません。

それでも、実際には銀行と消費者金融の両方で30日間無利息キャッシングが利用可能となっているのです。
30日間無利息の他にも5万円まで180日間無利息でキャッシングできるサービスがあります。
そして大手消費者金融でも30日間無利息サービスが利用可能となっています。
これらは初めて利用する場合に限定されていますが、一定期間だけとは言え利息なしでキャッシングすることができるため、利用しない手はないと言えるでしょう。